2017年07月11日

離職率アップ?

こんにちは!
一気に真夏の気候になり、猛暑が続いています。
車に乗りこむときのあの暑さを想像すると、毎回気合いを
入れないといけません。

さて、今日の信濃毎日新聞にこんな記事が出ていました。
「ヘルパー離職率11.6% 前回調査より5ポイント増」
IMG_20170711_140740.jpg

長野県の調査によると、昨年度のホームヘルパーの離職率は
11.6%となり、3年前の調査より5%増えたとのこと。
介護職員も10.4%と微増。看護職員は微減ということです。

記事の書き方としては、離職率が上がってしまって問題だ、
という印象になっていますが、10%を超えているからといって、
一概に離職率が高いとは言えないと思います。
一般的に、新卒者の3年以内離職率が3割を超えているくらいですから、
ある意味では低いと見てもいいのかな、とも思います。

それよりも、「なぜ辞めてしまったのか」「改善すべき点が
どこにあるのか」をはっきりとさせ、それに対して適切な対策を
考えることが大切です。
私は、単に「給与が低いから」という理由だけではないと
思っていますし、ずっとそれを言い続けていても進展しないと
思います。

先日もある事業所で、採用が非常に困難で困っているというお話を
伺いました。
一人辞めれば、その何倍も採用にかける苦労をすることになります。
個々の事業所でも、離職の原因をしっかり把握し、辞めずにすむ
事業所づくりを目指していただきたいと思います。




posted by 杉山社労士 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報

2017年07月05日

育児・介護休業法の改正ふたたび

こんにちは。
雨が降り続き、各地で被害が出たり避難勧告が出されたりと
不安な日々を過ごしていました。
山間部にある介護施設などは、気が気ではなかったことと
思います。

今日はやっと晴れ間も出てきましたが、まだまだ注意しなければ
いけませんね。
この機会に、施設の緊急対策をもう一度確認しておくなど、
万が一のときにしっかり対応できる体制を整えておくことが
大切です。

さて、今年1月に改正法が施行された「育児・介護休業法」ですが、
実はまた、今年の10月に法改正があります。
改正される内容としては次の3点。

1 育児休業期間について、保育所に入れない等の場合、最長で
「子が2歳になるまで」延長可能に。(現行は1歳6ヶ月まで)
※合わせて、育児休業給付の支給期間も延長。

2 会社は、育児・介護休業の対象となる(予定の)従業員に対し、
個別に制度を周知するよう努める。(努力義務)

3 会社は、未就学児のいる従業員のための「育児目的休暇」の
制度を設けるよう努める。(努力義務)
配偶者出産休暇、子の行事参加のための休暇など

法改正についての詳細が厚労省HPに掲載されています。
まだモデル規程などが出されていませんので、規程改正はあせらなくて
いいと思いますが、対応できるように準備をしておいて
いただければと思います。




posted by 杉山社労士 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報

2017年06月27日

人材育成と職場環境

こんにちは!
だんだんと夏らしい気候になってきたとはいえ、
朝晩はまだ寒いくらいです。さすが信州という感じですね。

先日、長野県社協の「キャリアパス対応生涯研修(新任職員課程)」
の講師を務めてまいりました。
丸2日間(正確には1ヶ月後にもう1日あります)という研修で、
私もエネルギーを使いますが、受講される皆さんにとってもかなり
ハードだと思います。

それでも毎回、現場で働く方々の思いや熱意を感じることができ、
非常に刺激を受けます。
福祉の職場を志す方は、やはりその「気持ち」を大事にしていただきたい
ですし、それを伸ばしていける職場環境を作っていく必要があると
実感します。

人材の育成・定着には、まず環境づくりが大切。
自身のセミナーや、経営者・管理者向けの研修会では、その点を
常に語っていかなければいけないと、改めて思うところです。




posted by 杉山社労士 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事

2017年06月19日

近況など

こんにちは!
前回のセミナー以降、次の研修に向けた資料づくりや
会議、打合せなどでバタバタとしております。

また6月は社労士にとっての繁忙期。労働保険の年度更新、
社会保険の算定基礎届と、事業所様との書類のやり取りも
増え、手続き業務が慌ただしくなる時期です。
ひとつひとつ気を抜かないよう、慎重に進めていかなければ
と意識しながらやっています。

そして今週から、県社協の「キャリアパス対応生涯研修」が
始まります。
講師を務めさせていただいて3年目になりますが、毎回毎回、
伝えることの難しさを実感する研修です。
今年も新たな出会いや発見があることを楽しみに、がんばって
いきたいと思います!

余談ですが、愛車の走行距離が10万キロを超えました。
4年2ヶ月で10万キロというハイペース。
まだまだがんばってもらわなければいけませんので、しっかり
メンテナンスをしなきゃですね。




posted by 杉山社労士 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事

2017年06月06日

セミナー終了しました

こんにちは!
さわやかな天気が続いていて、信州の初夏はいいなぁと
実感しながら車を走らせる毎日です。

さて、昨日5日、「人材育成・キャリアパスセミナー」を
開催いたしました。
ほぼ定員いっぱいのお申込みをいただき、久しぶりに
満員の会場でお話をさせていただきました。

初めてお越しいただく方が大半で、少しでも多くの方に
顔と名前を知ってもらいたいという目的が、少しは果たせた
かなと思っています。
これが縁で、またいろいろな場面でお付き合いができると
ありがたいですね。

また、処遇改善加算のこともあり、事業所にとってキャリアパスは
非常に関心があり、また課題でもあるテーマなのだという
ことを、再確認することもできました。

今後も、人材育成とキャリアパスは当事務所のメインテーマで
あり続けると思います。
また次のセミナーへ向けて検討を始めます。
引き続き、どうぞよろしくお願いします!




posted by 杉山社労士 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事

2017年05月30日

解雇の金銭解決

こんにちは。
また暑い日が続いています。熱中症にならないよう
気をつけましょう。

さて、今日の話題はこちら。
「解雇の金銭解決制度 労政審でさらに検討 厚労省が報告書」
(毎日新聞)

裁判で「解雇無効」とされた事案について、企業側が一定の
金銭を払えば解雇できるようにする、という制度が検討されています。
いわゆる“解決金”“示談金”を払うから、職場復帰ではなく辞めて
もらう、ということです。

実際、解雇無効とされたところで、元の職場に戻るのは容易では
ありませんし、これまではそういった場合にどう決着をつけるかという
道しるべがありませんでした。
その意味では、双方が合意するための道筋が確立されるのはいいことだと
私は考えます。

労働者側は「リストラが横行する」「金を払えば解雇できると考える
企業が増える」と反対しているとのことですが、会社にとって利益に
ならない(あるいは損害を与える)社員をいつまでも雇い続けることは
企業もできないわけです。

日本の雇用慣習では、「解雇」のハードルが非常に高い。
そしてそれが企業にとっては、「正社員」を雇わない・雇いたくない
大きな理由になっています。無期雇用の正社員をとることは企業に
とって莫大なリスクを背負うということになってしまっているのです。

もちろん、企業側が暴走しないよう、きちんとしたルールを作ることが
必要ですが、終身雇用だけがすべてではない、新しい労働環境を作って
いくうえでは、これから考えていかなければならない仕組みだと言える
のではないでしょうか。





posted by 杉山社労士 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報

2017年05月25日

休み方改革?

こんにちは!
数日の間に夏がきたり肌寒くなったり、忙しい気候ですね。
マスクをしている人もよく見かけるような気がします。
体調をくずさないようお気をつけください。

さて、政府はまた突然、突拍子もないことを言い出しました。
「キッズウィーク」というらしいですが、学校の夏休みなどの
一部を他の時期に移して、子供も大人も一緒に休めるように
しよう、ということです。それも地域ごとに時期を設定して、
その間に有給休暇の取得など、働いている人が休めるように
企業に“強く”働きかけるとのことです。

「休み方改革」という趣旨は分かりますし、社労士として、方向性に
反対するものではありません。
長期休暇を分散させるというのも必要なことだと感じています。
しかしながら、この方策で果たして現実的に動くのでしょうか。
サービス業はどうなるのか。子供が休みでも親が休めない家庭は
どうするのか。
プレミアムフライデーと同じく、福祉・介護業界には縁のない話の
ような気もします。

制度という枠を作り、その中で動かそうとする限り、おそらく
本当の意味での「休み方改革」は難しいでしょう。
もっと根本的な、意識や考え方の部分から変えていくような
働きかけをしていかないと、現実の社会はそうそう変わるものでは
ないと思います。

政府は来月から具体的な検討を始めるようです。
議論の行く末に注目したいと思います。




posted by 杉山社労士 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報

2017年05月16日

体調管理

こんにちは!
やっと本格的に暖かくなり、ストーブに頼ることが
なくなりました。
とはいえ気温の変化が大きい毎日。私も連休明けから
体調を崩してしまい、のどの痛みや咳の症状がおさまらなかった
ため、ひさしぶりに病院へかかりました。

幸い大したことはなく、薬でラクになりましたが、
なにかと話すことが多い仕事のため、声が出ないというのは
致命的です。
こういうときに健康のありがたさを実感しますね。
いい仕事をするためにも、体調管理は重要です。

さて、セミナーのお申込みがほぼ満席に近くなっております。
ご希望の方、迷われている方、早めにご連絡ください!




posted by 杉山社労士 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月08日

連休明け

こんにちは。
ゴールデンウィークも終わり、世の中も普通に動き
出しているでしょうか。
連休は本当に車が多く、どこへ行っても渋滞や混雑で
大変だったようです。

「働き方改革」という掛け声はいいですが、こんなふうに
毎回毎回、休む人が集中して余計に疲れていたのでは
意味がないような気もします。
本当の意味で“しっかり休む”、“余暇を楽しむ”ためには、
もう少し休み方を工夫することも(社会全体で)必要なのでは
ないかと思っています。

さて私も連休明け、いろいろ立て込んでおります。
セミナーもおかげさまでほぼ満席状態になっており、
そろそろ資料の準備に取りかからねば、という状況。
他にも職場研修や住民向けセミナーのご依頼などもあり、
うれしい悲鳴の日々です。

ご期待に沿えるよう、気を抜かずにがんばります!




posted by 杉山社労士 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事

2017年04月28日

自己研鑽

こんにちは!
世間ではゴールデンウィーク前、そして今日はプレミアム
フライデー(ほとんどもう話題にもならなくなってしまいましたが)
だということですが、介護現場は通常営業というところがほとんど
だと思います。
連休で休めなくても、時期をずらしてしっかり休みましょうね。

先日、書店に立ち寄り、「コーチング」「フィードバック」「OJT」
に関する本を買ってきました。
リーダー向け職場内研修のご依頼をいただくことも増え、また
キャリアパスと絡めて人材育成の話題になることが多くなって
きたため、やはり新しい知識・情報をしっかりと勉強しなければと
思っています。

この仕事をしていると、私の言葉・発言がそのまま事業所に影響を
与えるということがよくあります。
知らず知らずのうちに独善的になって、視野が狭く偏った見方に
なっていく恐れもあるなぁ、と最近思うようになりました。
自分の言動を常に振り返り、さらにいろいろな考え方や知識を知り、
自己研鑽をしていかなければいけないと感じます。
しっかり勉強して、自分を高め、考えを深めていきたいものです。




posted by 杉山社労士 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事