2018年01月29日

処遇改善加算

こんにちは!
寒い日が続いています。先週は、北部ではずーっと曇り・雪が
続き、長野市内の日陰はツルツル状態です。
今日は東信へ出かけてきたのですが、おだやかな快晴で、
雪もなく、うらやましいなぁと実感したところです。

さて、介護報酬改定の方向も定まったという報道があり、
いよいよ4月に向けて準備を始める時期になってきました。
また、県からは処遇改善加算の来年度分の申請について
通知が出され、2月末までが提出期限とされています。

現在、私も数ヶ所の事業所様で、処遇改善加算Tを取るための
お手伝いをさせていただいているのですが、県や市に聞いても
よく分からず、どうすれば加算Tの要件に当てはまるのかが
見えずに困惑している、という事業所が非常に多いと感じます。

けれど、よく聞いてみれば、きちんと昇給もしているし、
役職や資格に応じた手当も出している。
つまり、今やっていることを「見える化」するだけで加算Tが
取れるのに、その方法が分からずにいる、ということです。

そのような事業所はおそらくたくさんあるのだろうと思います。
少しの手間と工夫で、職員へ還元できる収入が得られるので
あれば、ぜひ取りかかっていただきたいと思いますし、その
お手伝いをするのが私の専門性だと思っています。
もしお悩みの事業所様がありましたら、ぜひ一度お声がけください。





posted by 杉山社労士 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事

2018年01月15日

セミナーPart3

こんにちは!
寒い日が続いています。日中の太陽にほっとしますね。
今のところ大雪にはならずに済んでいますが、油断しない
よう、気をつけていきたいと思います。

さて、ようやく今年度最後のセミナーを企画することが
できました。
今回は、「人事評価」と「制度改正の最新情報」をテーマに
しています。

キャリアパスのお話をする中で、事業所からは「処遇改善加算の
1を取るには、評価制度を作らなきゃいけないんでしょ?」と
聞かれることがあります。
実は決してそういうことではないのですが、いずれにしてもキャリアパス
をきちんと運用していくためには、何らかの評価制度が必要に
なってきます。
私のスタンスとしては、できる限りシンプルに、職員にも分かり
やすく、管理者も説明しやすいものにしよう、ということで、
そんなお話ができればと思っています。

多くの皆様にお会いできることを楽しみにしています。
お申込み、お待ちしております!!





posted by 杉山社労士 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事

2018年01月04日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!

寒い年末年始でしたが、みなさまいかがお過ごしだったでしょうか。
私もしっかり休んで、今日から仕事初めでした。
さっそく高速に乗って出かけてきましたが、まだお休みの人も
多いのか、県外ナンバーをたくさん見かけました。

今日お伺いした施設もそうですが、入所施設で働く皆様は
24時間365日、昼も夜も、お盆だろうとお正月だろうと関係なく
勤務があるわけで、本当に頭の下がる思いです。

現場のみなさまが、やりがいや充実感を感じながら、いきいきと
笑顔で働ける環境を少しでも増やしていけるよう、今年も
微力ながら奔走していきたいと思っています。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。




posted by 杉山社労士 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事

2017年12月28日

年末

こんにちは!
昨日は一日じゅう雪が降っており、長野市内でも結構な
積雪になりました。
私は大北地域へ行く予定があり、たどり着けるだろうかと
心配していたところ、先方から延期にしようとのご連絡を
いただき命拾いをいたしました。

年末の慌ただしいなか、追い討ちをかけるように大変な
状況かと思いますが、急がず慌てず、慎重にいきましょう。

さて、いよいよ今年最後のブログ更新になるかと思います。
今年は本当に、動かされるままに動いていたらあっという間に
過ぎてしまった、という印象です。
何か大きな波に乗っているような気もしますし、ただただ
流されているだけ、という気もするのですが、それでも
多くの皆様と知り合うことができ、様々なご縁をいただき、
大変充実した一年でした。

来年は、いただいたご縁をさらに深めるとともに、自身のステップ
アップにも心がけていきたいと思っています。

今年一年、お付き合いいただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします!

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください!



posted by 杉山社労士 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事

2017年12月26日

障害者雇用

こんにちは!
クリスマスも過ぎ、いよいよ師走の慌ただしさを感じるように
なりました。この時期はいつもより車が混みます。
さらに雪が降ったりすると渋滞しますので、余裕をもって
動かなければいけませんね。

さて、今日はこんなニュース。
「精神障害者、雇いやすくする特例措置 厚労省、来春から」
(朝日新聞デジタル)

来年4月から障害者の法定雇用率が2.2%に引き上げられる
ことを受け、精神障害者については勤務時間が短くても
1人としてカウントする、ということです。
(短時間勤務の身体・知的障害者は0.5人カウント)

障害の特性に配慮して、ということなのですが、精神障害に
対する理解はなかなか進んでいないのが実状だと思います。
また、介護の現場などで働くのはかなりハードルが高いのも事実です。

他の障害もそうですが、その人に合った仕事や働き方というのが
あるはずで、強みを生かして力を発揮してもらうためには、
行政・医療・福祉がしっかりと手を組んで、サポートし合わなければ
ならないと思います。

こういったニュースと合わせて、障害者を雇おうとする企業が
気軽に相談できるような窓口も紹介してもらいたいものです。

ちなみに、独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構
というところが、事業主の相談にも応じています。助成金などの
案内もありますので、活用してみてください。






posted by 杉山社労士 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報

2017年12月16日

介護報酬プラス改定へ

こんにちは!
早くも12月なかばになってしまいました。
長野市内でも、朝、車に雪が積もっているという日もあり、
すっかり冬になりましたね。

さて、来年度の介護報酬改定について、改定率が固まった
という報道がありました。
介護報酬は0.54%のプラス改定。
障害福祉サービスは0.47%のプラス改定ということです。
いずれもわずかな率ですが、ずいぶん前から下がるのが当然と
思われていただけに、業界としては非常に嬉しいニュースだと
思います。

ただ、訪問介護・通所介護については、規模や内容によって
メリハリをつけるということも言われており、単価が下がる部分
も出てきそうです。

厚労省の資料を見ていると、重視されているのは「機能訓練」と
「介護ロボット(ICT)」だと言えます。
これまでのやり方にとらわれず、柔軟に、先を見据えて、
しっかりと役割を果たしていくことが求められます。

また、処遇改善加算については、加算W・X(最も下の区分)を
廃止していくことも検討されています。
今後ますます、事業所としてのキャリアパス・人材育成制度を
確立し、運用していくことが重要になってくると思われます。




posted by 杉山社労士 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報

2017年12月05日

明るい兆し?

こんにちは。
12月に入り、やはり寒い日が続きますね。
今年もあと1ヶ月を切り、慌ただしくなる時期です。
やり残すことのないよう、時間をうまく使ってがんばりましょう!

さて、先日から介護関係の明るい(?)話題が続けて
報道されています。
1つは、来年度の介護報酬改定が、全体としては微増に
なりそうだということ。
参考:介護報酬引き上げへ(JIJI.COM)

まだまだ予断を許さない状況ですし、各サービス種別の増減が
どうなるか分かりませんので何とも言えませんが、
心配されていた大幅なマイナス改定にはならずに済みそうな
気配です。
最終決定まで、しっかり動向を追っていきたいと思います。

2つ目は、最新の情報として、
「保育士や介護職員の処遇改善」新政策原案(日テレNEWS)
というニュース。

2019年10月に「勤続10年以上の介護福祉士に、月額8万円相当の
処遇改善を行う」というのです。
月8万円とは驚くべき額。
政策原案ということなので、このまますんなりと進むはずはないと
思いますが、もしこれが実現すれば、介護業界にとってはかなり
大きな希望になります。

ぬか喜びにならないことを願うばかりですが、介護の現場にいる
皆様はぜひ声を上げ続け、国の背中を押していただきたいと思います。




posted by 杉山社労士 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報

2017年11月30日

「まだ」1ヶ月「も」ある

こんばんは。
本日も夜にブログを書いております。

先日スタッドレスタイヤに換えてひと安心と思っていたら、
その後は雪の気配もなく、タイヤをすり減らしているばかりの
今日この頃です。
まあそういうものですよね。安心に勝るものはありません。

さて、早いもので今日で11月も終わり。明日から12月です。
本当に今年は、あっという間に時間が過ぎていっている気がします。
あれもこれも、まだまだやっておきたいことが山ほどありますし、
実際締め切りが迫っているものもあるわけで、多少あせって
おりますが……。

事業所の皆様には、よくリフレーミング(弱みを強みに変える)
というお話をさせていただいています。
物事をできる限りポジティブに捉えること。
水が“もう”半分“しか”ないのではなく、“まだ”半分“も”ある、
というふうに考えれば、気持ちも前向きになるし、明るくなれる
ということです。

今年もまだあと1ヶ月ある、と前向きに考えて、できることを
精いっぱいやっていきましょう。




posted by 杉山社労士 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月23日

人材育成には時間がかかる

こんばんは!
ずいぶんと間が空いてしまいました。
おかげさまで、スケジュールもかなりいっぱいの状況で、
バタバタと毎日が過ぎていっています。

最近は、職場研修で現場の職員さんたちにお話をさせていただく
機会が多くあり、「プロフェッショナルとは」とか「ポジティブ思考で」
といったような話題を日々しゃべっています。
不思議なもので、前向きに考えましょう、ということを連日話して
いると、自然と自分自身の考え方も前向きになっていくような気がします。

1年ほど前から継続的に職員育成に関わらせてもらっている事業所様で、
先日、「最近になってやっと、一部の職員たちの雰囲気が変わってきた」
「発言の中にポジティブな要素が見られるようになってきた」といった
声をいただきました。

その事業所様では、本当に悩みながら、試行錯誤を繰り返し、あの手この手
で職員研修を行い、それでもなかなか目に見える成果が上がらずに
私も頭を悩ませているところでした。
1年経ってやっと少し光が見えてきたような気がして、大変うれしく感じます。

やはり、人材育成や職場の風土改革には相当の時間が必要だということですし、
それを覚悟して継続していかなければならない、ということだと思います。
同じ内容の話であっても、繰り返し繰り返し続けていくこと。
そうすることで、ようやくわずかながら変化の兆しが見えてくること。
そして、人は育つ、職場は変われるのだ、と信じ続けることが大切なのかなぁと
実感するところです。




posted by 杉山社労士 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事

2017年11月07日

昔の縁で

こんばんは! 今日は珍しく夜にブログを書いています。
実は高校時代の友人と数年(10年近く?)ぶりに会って
話しておりました。
仕事関係で協力しようという話もあったのですが、大半は
それぞれの近況や共通の友人の話題など。
思えば高校を出てから20年が経っているのだなぁと、しみじみ
感じてしまいます。

つい先日も、大学時代の友人から連絡があり、社労士として
教えてほしいということで電話で1時間以上話したことがありました。

私がこの仕事をしているからなのか、単にそういうタイミングが
重なっただけなのか分かりませんが、年月を経てまたつながれると
いうのはうれしいし、ありがたいものです。

仕事をする中で得られる新しいつながりももちろん大切ですが、
これまで関わってきたすべてがあって今の自分がいるという
ことを、改めて実感しているところです。
日々、人と人との縁を大事にしていきたいものですね。




posted by 杉山社労士 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記