2021年01月27日

36協定新様式

こんにちは!
2021年に入って初めてのブログ更新となりました。
遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします。
コロナ禍の中、雇用にまつわる状況がどう変化していくのか、
正直まったく先が読めないところではありますが、
必要な情報と支援を、できる限り迅速にお届けできるよう
引き続き努めていきたいと思います。

さて、今月の労務ナビでもご案内しておりますが、36協定
の新様式についてご質問いただくことが増えてきました。
年度変わりに36協定を締結しているところも多いかと思いますので
あらためてご説明します。

今回、押印が不要となったのは「協定届」についてです。
本来であれば労使の「協定書」を結んで、こんなふうに結びました
という「届」を労基署に提出する、というのが筋なわけですが、
いまほとんどの事業所で使われている様式は「協定書」と「届」を
兼用しているものになります。(届と別に、協定書を作って保管して
いるというところは少ないと思います)

今回「届」に関しては押印不要となりましたが、「協定書」自体は
やはり双方の「記名押印または署名」が必要ですので、実際の
ところは今までのやり方と変わらず、協定届(兼協定書)には
労使双方の押印が必要、ということになるわけです。

ややこしいところですが、基本的には様式が変わって
チェックボックスが増えただけで、手順・手続きは今までと
変わらない、とお考えいただければと思います。
年に一度の届出手続きになります。お忘れないよう、お気をつけ
ください。



posted by 杉山社労士 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188345408

この記事へのトラックバック