2020年04月30日

労災認定

こんにちは!
新型コロナウイルス関連の新情報です。
厚生労働省は29日、医療・介護従事者が新型コロナに感染した
場合の労災認定についてQ&Aを更新しました。

それによると、「患者の診療若しくは看護の業務又は介護の業務等に
従事する医師、看護師、介護従事者等が新型コロナウイルスに感染
した場合には、業務外で感染したことが明らかである場合を除き、
原則として労災保険給付の対象となります」
とされています。

従来の「業務に起因する場合のみ」から「業務外であることが
明らかな場合以外は」認める、という非常に大きな方針転換だと
思います。

決して、“だから安心して働いてください”などとは言えませんが、
少しでも安心材料になればと思います。

新型コロナウイルスに関するQ&A(厚労省)
この中の「7労災補償」の項目をご覧ください。




posted by 杉山社労士 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187434545

この記事へのトラックバック