2020年04月22日

新型コロナウイルスへの事業所対応について(まとめ)

こんにちは!
長野県でも一部事業所等への休業要請が出され、目に見える
範囲での影響が日に日に大きくなっています。
私の元へも、事業所様から毎日のように相談が舞い込んで
くるようになりました。
通所事業所の休業の不安、職員やその周囲に感染のおそれが
ある場合の対応、実際に感染者が出てしまった場合には
どうなるのか……。

心配ごとを挙げればきりがありませんが、とりあえず、
問合せの多い内容について以下のとおりまとめておきます。
まずは最新かつ正確な情報を得て、冷静に対応していくことが
重要です。(いずれも厚労省のHPです)

新型コロナウイルスに関するQ&A(企業向け)
(労働者を休ませる場合の考え方など)

雇用調整助成金について
(売上減少や事業所閉鎖などにより職員を休ませ、休業手当を
支払う場合、その一部を助成)

小学校休業等対応助成金について
(小学校等の休業に伴って子の世話をするために職員が休む際、
年次有給休暇とは別の有給休暇として取り扱った場合に、
その全額を補助 ※上限あり)

当事務所の「福祉労務ナビゲーション」でも簡潔にまとめて
あります。ぜひご覧ください。

「雇用調整助成金」「小学校休業等対応助成金」について、
職員の中には「休むと自分自身に給付がある」と勘違いされている
ケースもよく聞きます。
どちらも、事業所が職員に賃金(休業手当)を支払った場合、
事業所に対して国から助成金が出る、というものですので、
誤解のなきよう対応してください。

また、助成金の申請については一部で言われているほど難しいもの
ではありません。書類の簡素化も図られていますので、
まず一度、申請書類についても見ておいていただきたいと思います。



posted by 杉山社労士 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187409164

この記事へのトラックバック