2018年11月26日

高齢者雇用状況

こんにちは!
早くも11月最終週となりました。先週末は雪が降るのではと
心配しましたが、まだ今週中は大丈夫そうですね。
タイヤ交換もしたので、いつでも来い、です。

さて、11月16日、厚労省が平成30年「高齢者の雇用状況」
集計結果を発表しました。
それによると、65歳までの雇用確保措置のある企業は99.8%と
ほぼ全ての会社で法定どおりの措置が取られています。
一方、65歳定年の企業は16.1%と、こちらはまだまだ少ない
状況。やはり60歳定年で、そこからは有期の継続雇用という
会社が多数なのだと思われます。

また、66歳以上も働ける制度がある企業は27.6%、
70歳以上でも働ける制度がある企業は25.8%と、意外と多い
なぁという印象です。

高年齢者の就労促進は喫緊の課題でありますが、一方で
事業所としては悩みも多くなる問題だと思います。
業務上や労務管理上のトラブル事例もよくお聞きします。

65歳以上の雇用管理に関しては、法的に未整備の状態です。
労使双方でよく話し合って、社内ルールを確立させていくことが
大切です。

疑問や不安なことがありましたら、お気軽に当事務所へ
ご相談ください。





posted by 杉山社労士 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185075957

この記事へのトラックバック