2018年09月08日

70歳までの雇用延長?

こんにちは!
9月に入りだいぶ涼しくなってきましたが、台風に地震にと
大きな災害が続いています。
本当にいつ何があるか分からない中で、日頃から様々な
備えをしておかなければいけないなぁと思いますし、
被災地の一日も早い復興を祈るばかりです。

さて、9月6日付の朝刊でも大きく報じられておりました、
「70歳に雇用延長検討」(東京新聞)というニュース。
いよいよきたかという感じですね。しかも段階的にと言わず
一気に70歳までの雇用義務を検討するという話ですから、
調整が難航することは必至。
どこに着地していくか、しっかり見守りたいと思います。

現場ではすでに、65歳以上の職員さんがいるのが当たり前
という状況になってきています。
「初めて高齢者を採用するんだけど、特別な手続きがあるの?」
というお問合せも増えています。
定年を廃止して、本人の気力・体力が続く限り働いてほしい、
としている事業所も実際にあります。

一方で、賃金や仕事内容など、悩ましい問題が山積しているのも
事実。高齢者雇用のメリット・デメリットをしっかりと把握して、
いい部分を伸ばしていきたいものです。
法律がどうなっていくかよりも先に、現場で実績と課題を積み
上げていくしかないと思います。




posted by 杉山社労士 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184366578

この記事へのトラックバック