2018年04月24日

最高裁の判断は?

こんにちは!
今日は天気が悪く、一日事務仕事に精を出しています。

「同一労働同一賃金」の議論で注目を集めている二つの事件に
ついて、最高裁判所がともに6月1日に判決を出すことを決定しました。

一つは「長澤運輸事件」。これは、運送会社で定年後再雇用となった
社員が、「仕事内容が定年前と変わらないのに、3割もの賃下げになった
のは違法だ」として訴訟になっているもの。
一審(東京地裁)では原告側の主張が認められたものの、二審(東京高裁)
では逆転判決。「再雇用後の賃金減額は社会的にも容認されている」と
して違法ではないと判断しました。

もう一つは「ハマキョウレックス事件」。こちらは物流会社の有期契約
社員が、「正社員には支給される手当が、契約社員にはないのは不合理だ」
としたもの。
一審(大津地裁)は通勤手当以外は支給がなくても不合理とは言えないと
し、原告の主張を退けました。二審(大阪高裁)では、通勤手当のほか、
無事故手当、作業手当、給食手当については支給すべきとし、幅を広げた
判断を下しています。ただし住宅手当等については、正社員は転勤が
あることなどから、待遇差は不合理ではないとしました。

一方は定年後再雇用、一方は正規・非正規の待遇格差と、趣旨は異なる
ものの、どちらも「同一労働同一賃金」の考え方をどう捉えるかが
カギになっています。
最高裁がどのような判断を下すのか、今後の議論にも影響を与えること
になりますし、判決によっては多くの企業でも対応を迫られることに
なるかもしれません。

おそらくこれから次々にこのような判決が出され、その積み重ねで
方向性が固まってくるものと思います。
まずは6月1日の判決を注目して待ちたいところです。



posted by 杉山社労士 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183070390

この記事へのトラックバック