2017年12月26日

障害者雇用

こんにちは!
クリスマスも過ぎ、いよいよ師走の慌ただしさを感じるように
なりました。この時期はいつもより車が混みます。
さらに雪が降ったりすると渋滞しますので、余裕をもって
動かなければいけませんね。

さて、今日はこんなニュース。
「精神障害者、雇いやすくする特例措置 厚労省、来春から」
(朝日新聞デジタル)

来年4月から障害者の法定雇用率が2.2%に引き上げられる
ことを受け、精神障害者については勤務時間が短くても
1人としてカウントする、ということです。
(短時間勤務の身体・知的障害者は0.5人カウント)

障害の特性に配慮して、ということなのですが、精神障害に
対する理解はなかなか進んでいないのが実状だと思います。
また、介護の現場などで働くのはかなりハードルが高いのも事実です。

他の障害もそうですが、その人に合った仕事や働き方というのが
あるはずで、強みを生かして力を発揮してもらうためには、
行政・医療・福祉がしっかりと手を組んで、サポートし合わなければ
ならないと思います。

こういったニュースと合わせて、障害者を雇おうとする企業が
気軽に相談できるような窓口も紹介してもらいたいものです。

ちなみに、独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構
というところが、事業主の相談にも応じています。助成金などの
案内もありますので、活用してみてください。






posted by 杉山社労士 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181950823

この記事へのトラックバック