2021年02月25日

雇用関係助成金の最新情報

こんにちは!
春の気配も感じられるようになってきました。
気温の変動が大きい時期ですが、みなさまいかが
お過ごしでしょうか。

さて、新年度に向けていろいろな動きが活発になってきて
いますが、本日は雇用関係助成金の情報を。
国の「パブリックコメント(意見募集)」で、助成金の改正案
が公表されています。
雇用保険法施行規則等の一部を改正する省令案について(PDF)

意見募集は本日締め切りなのですが、これを見ると、大きな
改正がいくつかされるようです。
一つは「65歳超雇用推進助成金」。定年の引き上げや継続雇用
制度の拡大への助成金ですが、金額が大幅に増額されます。
60歳以上被保険者が10人未満の事業所が、70歳以上への定年引上げ
又は定年の廃止をすると120万円。なかなか魅力的です。

もう一つは「人材確保等支援助成金」。
介護福祉機器の導入助成が廃止、また「介護・保育労働者雇用管理
制度助成コース」も廃止となるようです。
介護福祉機器の助成は当初、購入費の半額(最大300万円)と、かなり
大きな額の助成金で、何箇所か受給のお手伝いをさせていただきました。
介護雇用管理制度も、キャリアパスの仕組みづくりに伴って受給できる
助成金で、100万円以上の受給をサポートしたこともありました。

近年、雇用関係の助成金はハードルが上がっており、ただ制度を整備する
だけではダメで、離職率の低下や、実際の賃金アップが条件となっている
ものが主流です。
やはり、「助成金を目的に何かをする」のではなく、あくまでも職場環境の
改善や向上といった目的が先にあり、「何かをするための補助」として
助成金を考えていくことが大切だと言えます。



posted by 杉山社労士 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報