2018年04月24日

最高裁の判断は?

こんにちは!
今日は天気が悪く、一日事務仕事に精を出しています。

「同一労働同一賃金」の議論で注目を集めている二つの事件に
ついて、最高裁判所がともに6月1日に判決を出すことを決定しました。

一つは「長澤運輸事件」。これは、運送会社で定年後再雇用となった
社員が、「仕事内容が定年前と変わらないのに、3割もの賃下げになった
のは違法だ」として訴訟になっているもの。
一審(東京地裁)では原告側の主張が認められたものの、二審(東京高裁)
では逆転判決。「再雇用後の賃金減額は社会的にも容認されている」と
して違法ではないと判断しました。

もう一つは「ハマキョウレックス事件」。こちらは物流会社の有期契約
社員が、「正社員には支給される手当が、契約社員にはないのは不合理だ」
としたもの。
一審(大津地裁)は通勤手当以外は支給がなくても不合理とは言えないと
し、原告の主張を退けました。二審(大阪高裁)では、通勤手当のほか、
無事故手当、作業手当、給食手当については支給すべきとし、幅を広げた
判断を下しています。ただし住宅手当等については、正社員は転勤が
あることなどから、待遇差は不合理ではないとしました。

一方は定年後再雇用、一方は正規・非正規の待遇格差と、趣旨は異なる
ものの、どちらも「同一労働同一賃金」の考え方をどう捉えるかが
カギになっています。
最高裁がどのような判断を下すのか、今後の議論にも影響を与えること
になりますし、判決によっては多くの企業でも対応を迫られることに
なるかもしれません。

おそらくこれから次々にこのような判決が出され、その積み重ねで
方向性が固まってくるものと思います。
まずは6月1日の判決を注目して待ちたいところです。



posted by 杉山社労士 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報

2018年04月18日

正規・非正規の格差解消

こんにちは!
新年度の慌ただしさも一段落しましたでしょうか。
社会福祉法人では、これから決算、理事会や評議員会などで
まだまだ気の抜けない時期かと思います。

そんな中、日本郵政が、正社員の手当を廃止し、非正規社員との
格差是正を行うというニュースがありました。
「正社員の待遇下げ、格差是正 日本郵政が異例の手当廃止」
(Yahoo!ニュース 朝日新聞デジタル)

ついにこういう話題が出てきたか、と思いました。
日本郵政は昨年、正規・非正規の待遇格差(手当の有無など)が違法
という判決を受けており、それを解消するための方策ということです。

「同一労働同一賃金」の理想論からすれば、当然、非正規の待遇を
向上させて格差をなくしていくべきなのですが、会社にそれだけの
財政的余裕があるとは限りません。
そこで今回のように、正規の待遇を下げていくしかない、という
苦渋の決断をする企業も、おそらくこれから次々に出てくるでしょう。

日本郵政の場合は、10年間かけて段階的に手当を減らしていくという、
かなり労働者に配慮したやり方で、組合とも合意しているということです。
だから「仕方ない」というわけでは決してありませんが、しかしこれが
「悪い例」と単純に言い切ってしまえるものでもないと、私は思います。

人手不足がますます顕著になっていく時代、そして経済成長も右肩上がり
というわけにいかない時代、国全体・社会全体で「これからの働き方」や
「企業のあり方」を考えていかないといけません。
このテーマは、私たち一人ひとりに突きつけられている課題です。




posted by 杉山社労士 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報

2018年04月04日

新年度

こんにちは!
春をとおり越して初夏のような天気が続いています。
長野市の桜もすでに7分から満開に近いぐらい咲いていて、
今年は例年になく早いなぁと感じます。
週末に向けて天気が悪くなるようなので、今のうちにお花見を
したいところですね。

とはいえ、4月に入ってそれどころではないという方も多いことと
思います。
私も、各事業所様の入退社の手続きに追われていて、ゆっくり
お花見気分とはいかないのがホントのところ。
ただやっぱり、仕事にはメリハリが大切。たまには息抜きもして、
しっかり切り替えていきたいものです。

さて、国の「働き方改革関連法案」も先行きが見えない状況ですし、
東京労働局長の発言問題もあり、また年金機構では委託会社の問題も
明らかになるなど、労働・社会保険を取り巻く状況は混沌としてきて
います。
今月からは無期転換の申出者が出てくる可能性もあり、事業所としては
様々なことに目を向け、気を配っていかなければなりません。

当事務所も4年目の春に突入しました。私自身、第1ステップを経て
セカンドシーズンへ入ったと思っています。
いろいろ新たな展開も考えたい(しかしなかなか時間がない…)とも
思いますし、いま以上に事業所の役に立てる存在になるため、努力して
いきたいと思います。

今年度も、どうぞよろしくお願いいたします!!




posted by 杉山社労士 at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事