2017年09月26日

あっという間に…

こんにちは!
9月ももう残りわずかになってしまいました。
日々なにかとせわしなく過ぎていってしまい、一つのことを
突き詰めてじっくり考えるという時間がなかなか取れずにいます。

忙しいという漢字は「心を亡くす」と書く、などと言いますが、
まさにその状態になりつつあって、いけないなぁと思います。
忙しい中だからこそ、その時その時に感じること・考えることを
大事にしていきたいものです。

さて、国会の動きも慌ただしくなり、働き方改革の法案もどうなって
しまうんだろうという感じになってきました。
最新の動向にも常に目を配る必要がありますね。

明日は「人材育成・キャリアパスセミナー」の第2弾です。
遠方からお越しいただく方もいて、身の引き締まる思いです。
少しでも持って帰れるものがあるように、全力でお話ししますので、
どうぞよろしくお願いします!!



posted by 杉山社労士 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事

2017年09月22日

勤務間インターバル

こんにちは!
9月も下旬になり、秋らしくなってきました。
日が暮れるのが早くなってくると、なんとなく気ぜわしく
なりますね。

トップページでもお知らせしているとおり、事務所を
長野市へ移転いたしました。
変わったのは住所だけで、電話・メールなどは変更ありません。
業務内容にも一切変更はありませんし、これまで同様、
どこの地域からのご相談も対応させていただきます。
引き続き、よろしくお願いいたします!

さて、今日の新聞には長野県での先駆的な取り組みが
掲載されていました。

IMG_20170922_193100.jpg

自治体が勤務間インターバルを導入するのは全国的にも
まだ珍しく、今日のヤフーニュースでも取り上げられていました。
勤務間インターバルは、働き方改革関連法案にも「努力義務」
として盛り込まれる予定となっており、注目されている制度です。

11時間のインターバルを取るとなると、8時30分の始業時間から
逆算して21時30分までには退勤しましょう、ということになります。
それ以降も残業したのであれば、翌朝の勤務開始を遅らせるという
ことです。

実際の運用がどこまでスムーズにできるか分かりませんが、
働き方改革はトライ&エラーの連続です。
県が先駆的に取り組むというのはとても素晴らしいことだと
思いますし、少しでも広がっていけばいいなぁと思っています。
今後の動向に注目です。





posted by 杉山社労士 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報

2017年09月14日

消えた年金ふたたび?

こんにちは!
気持ちのいい晴れの天気が続いています。
やっぱり私は秋が好きだなぁと実感する今日このごろ。
週末の3連休は台風の影響がありそうで心配ですが…。

さて、昨日から「年金」の話題がまた大きく報じられています。
共済年金(主に公務員が入っている年金)を受給している方の
配偶者に、振替加算が支給されていなかったものが、総額598億円
もあったということです。

制度について詳しいことを書き出すと長くなるので省きますが、
年金機構と共済組合との連携ミスや処理の誤りが原因だという
ことですので、防ぎようがあった、あるいはもっと早く気がつく
べきだったという気がします。

2015年から共済年金と厚生年金は一本化されているのですが、
いまだに事務は別々に行っているため、具体的な手続きを
どこに相談すればいいのか、誰に出せばいいのかがとても分かり
にくくなっています。
(私自身、年金実務に関わることがほとんどないので、正直
よくわかっていません)

年金に関しては、以前から様々な問題が報じられています。
そのことによって社労士の知名度が向上した、という面もなきに
しもあらずなのですが、あまり喜ばしいことではないですね。

今回も、この不祥事によってますます国民の年金に対する不信感が
高まってしまうような気がします。
われわれ社労士が火消しに追われるようなことにはなりたくない
ですし、一刻も早く、堂々と年金の安全性を語れるようになりたい
ものです。




posted by 杉山社労士 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報

2017年09月09日

個別支援

こんにちは!
すっかり秋らしくなってきて、さわやかな晴天が続きそうです。

介護労働安定センターの事業に参画させていただき、この一週間は
県下各地の事業所様の支援に飛び回っていました。
一口に人材育成・雇用管理といっても、事業所によって抱えている
課題やその要因は多種多様。

他の事業所でやってみてうまくいったから、ここでも通用するか
というと全くそうではない、ということがよくあります。
事業所の現状をよくお聞きし、そこに合った取り組みを提案して
いくことが重要だと実感します。

なかなか大変なことですが、管理者さんに「少しすっきりした」
「来てもらってよかった」と言っていただくことが何よりもうれしい
ですし、励みになります。

9月、10月はイベントシーズンでもあり、研修講師などで慌ただしい
日々ですが、ひとつひとつの事業所様のことを丁寧にじっくりと
考えていきたいと思っています。




posted by 杉山社労士 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事