2016年08月31日

8月の終わり

こんにちは。
今日で8月も終わり、明日から9月ですね。
私はなぜか9月という響きが好きで(誕生日があるから
でしょうか)、秋の始まりの清々しさを感じます。
今日も台風一過で、さわやかな暑さでした。
こういうカラッとした暑さなら耐えられるんですけどね。。。

さて、今週末にはセミナーの長野会場があり、再来週からは
いよいよキャリアパス対応生涯研修の新任職員研修が始まり
ます。他にも生活支援サービス関係で講師を頼まれていたりと
ドタバタの9月になりそうな予感。
合間を見て、資料づくりや顧問先との打ち合わせ、会議出席など
盛りだくさんです。
そうこうしているうちに37歳になります(笑)

日々予定が入っているのはありがたいこと。
感謝しながら日々を過ごしていきたいと思います。



posted by 杉山社労士 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月24日

新聞に掲載されました

おはようございます!
本日の信濃毎日新聞に、介護休業の話題に関して
私のコメントが紹介されました。

IMG00602.jpg

一週間ほど前に、社労士会の支部長の先生と一緒に
取材を受け、記者の方といろいろお話しをさせてもらいました。
介護休業に関する現実や課題、介護の仕組みそのものの課題
なども話したのですが、「財布のミカタ」という記事なので、
お金の話題が中心になるのは仕方ないですね。

ただ、記事の左側にあるように、企業や事業所が他人事では
なく、自社の従業員にも関係のあることとしてしっかり受け止めて
もらうことが一番大切だと思っています。

実は福祉の現場でも、介護離職という話を耳にします。
介護のプロが、自分の家族の介護のために離職せざるをえない
という現実は、やはり寂しいものがあります。
仕事として介護に携わる者だからこそ、なおさら事業所の意識や
支援が必要なのではないでしょうか。



posted by 杉山社労士 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事

2016年08月17日

お盆も終わり

こんにちは。
お盆休みの時期も終わり、そろそろ日常の光景が戻って
きますね。
私も近場で出かけたりして過ごしましたが、みなさんも
リフレッシュできたでしょうか?
どこへ行っても人が多いし渋滞するしで、疲れるだけだった
という声も聞かれますが…。

お盆が過ぎると急に涼しくなってきます。私は夏の終わりから
秋の季節が一番好きなので、この時期にテンションが上がって
くるという。。。
季節の変わり目、体調管理には気をつけてお過ごしください。

さて、8月後半から9月は怒涛の研修会ラッシュです。
セミナーもありますし、各種資料づくりも大詰め。残暑に負けない
よう、がんばってまいります!!




posted by 杉山社労士 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月09日

求人倍率

こんにちは!
本当に暑い日が続いていますね。
車で冷房を効かせながら移動しているときが一番快適、
という毎日です。

セミナー第2弾が近づいてまいりましたが、今日はその資料にも
載せる予定の、最新の雇用情勢について。
労働局が発表した資料によると、6月の長野県の有効求人倍率は
1.42倍。昨年の同月は1.25倍だったので、プラス0.17ポイント
ということになります。
発表資料をご覧いただけばわかるとおり、求人倍率は上がる一方です。

産業別でみると、「社会保険・社会福祉・介護事業」の新規求人数
(事業所が求める人の数)は1,546人。前月比12.0%アップ、
前年同月比で7.4%アップです。
一方の新規求職者数(仕事を探している人の数)は、全体で8,068人、
4か月連続の減少となっています。

離職者が減り、企業・事業所が募集をかけても人が集まらなくなっている
現状が一目でわかります。
この状況がいつまで続くかは分かりませんが、福祉・介護業界は人手不足が
ますます深刻になるのは間違いありません。
職員採用の段階でしっかりとした戦略・ビジョンをもち、入ってくれた
職員を辞めさせないよう、育成・定着を図る。
確保・育成・定着のサイクルがますます重要になります。

もう今までのようにハローワークにずっと求人を出しっぱなしにして、
常に面接を繰り返しているような採用方法は変えなければなりません。
今こそ、福祉業界の変革の時期だと私は思っています。



posted by 杉山社労士 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報

2016年08月03日

労働関係の動向

おはようございます!
いつの間にか8月に入り、本格的な夏の天気が続いています。
熱中症にはくれぐれも気をつけていきましょう。

さて、国の経済対策の概要が発表され、労働関係の施策も
いろいろ取り沙汰されています。

まずは最低賃金の引上げ。年3%上昇させるという首相の
言葉どおり、かなり高い水準での引き上げになりそうです。
厚労省の審議会がまとめた目安によると、長野県は
746円から770円にアップ(24円上昇)ということで、
アルバイトの時給などは影響を受けるところも多そうです。
ちなみに東京では25円アップの932円。かなり高いですね。
これから地域ごとの協議が行われ、最終的な地域別最低賃金は
秋に決定されます。

そして、雇用保険料の引き下げ。
国は現在0.8%の保険料率を0.6%に引き下げる方向です。
(労働者負担は0.4%→0.3%)
雇用保険料は、実は今年の4月に1.0%から引き下げられたばかり。
失業者が減って失業給付を受ける人が減っているので、
雇用保険財政には余裕があるとのことですが、そんなに急に下げて
しまって大丈夫だろうかと心配な面もあります。
余裕があるなら、企業への助成金をもっと拡充するとか受給しやすく
するとかしてくれればいいのに、とも思うのですが。
雇用保険料の下げ幅については、年末までに詰めるとのことです。

雇用をとりまく環境はいろいろ動いています。
われわれ社労士もしっかりアンテナを張っていかないといけません。



posted by 杉山社労士 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働関係情報